秋の雑草といえばススキ


ご存知秋の七草のひとつ。カヤとも呼ばれるイネ科の植物で、和名は 「すくすく立つ木」からきているとか。

ススキはやはり逆光で撮るのがいいようで、陽射しを受けて白い穂が キラキラ輝く姿が美しいです。 でも葉には細かいトゲトゲがあり、手で抜こうとすると切れることも あります。これも外敵から身を守る技なのでしょうか。


ススキは全国どこにでも見ることができますが、やはり箱根仙石原の ススキが圧巻です。ひと山すべてがススキにおおわれて紅葉の季節は 観光客でにぎわいます(写真右)

   山は暮れて 野はたそがれの すすきかな  蕪村
もどる