春の七草?ホトケノザ


ホトケノザというと春の七草を思い出しますが、じつはこれは春の七草とは 別の品種だそうです。
名前の由来は、階段状の葉が仏様の台座に似ているからで、一枚の丸い 葉のように見えますが、よくみると2枚の葉が対生しているのがわかります。 今ごろは唇型をしたピンクの花をつけます。

このホトケノザはシソ科の植物で全国各地の道端や駐車場などによくみられます。 きっと皆さんの家の周りにも上の写真のようにわがもの顔で群れている姿を 見ることでしょうが、間違っても七草カユにしないことです。
もどる