これぞ七草ナズナ


前回は春の七草もどきのホトケノザでしたが、今回は正真正銘の春の七草です。 葉っぱが三角形をしていてこれをすこし引っ張ってデンデン太鼓のようにして 茎を軸にくるくる回して遊んだものです。 そう、俗に言うペンペン草とはこの草のことです。
日本中どこでも見られるだけに、春の七草といわれるようになったと思います が、葉っぱは薬草になるそうで、お餅でもたれた胃にはよさそうですが、 あえて食べてみたいとはおもえません。

写真(上)は、片瀬山のスズメ公園で群生していたもの。写真右は西鎌倉の 駐車場でポッツリはえていたものを低い角度から撮影したものです。
駐車場の排気ガスにもめげずがんばって生きているのが雑草たるゆえんです。
もどる