クスリになるドクダミ


においを嗅ぐと独特の異臭があり、いかにもドクダミという名前から毒があり そうですが、実は「毒痛み」を消すという意味から名づけられたといわれ、 古くから薬草として知られています。
十の薬効があることからジュウヤクという別名があるぐらいで、乾燥した葉は 利尿、緩下剤の他、高血圧の予防などにも用いられるそうです。

写真は、西鎌倉の分譲地の石垣下に生えていたもので、だいたいひとつ見つ けると必ず近くで群生しているのが見られます。
比較的日陰地で育つ多年草で、冬にはいったん全て枯れてしまいますが、 また翌年4月頃から芽を出し、他の雑草を寄せ付けない強さを持っています。
若葉のうちなら摘んであく抜きして食べてもおいしいとか。 小学生の頃、これが道端のいたるところで見られ、怪我をしたときや、でき ものがあるとこれをもんで患部にこすりつけろと言われたものです。
もどる