梅雨にピッタリのツユクサ


ツユクサとはよくつけた名前で、まさしく梅雨のまっさかりに成長する雑草の 代表選手です。 ご覧のとおり、雨にぬれた葉がこれほど似合う草はないとおもわれます。

前回のドクダミと違い一年草のため、毎年同じ場所には芽を出さないものの、 前の年に生えてた付近で必ず見ることができます。花は鮮やかな青色で、 下にある小さな白い花弁と不釣り合いでこっけいな形をしています。
おしべが手前に曲がっているのは、昆虫などの媒介で受粉できなかった場合 にそなえた自家受粉の体制なのでしょうか。 自然が少なくなった都会でも生き抜く大自然の知恵といえるでしょう。
もどる