お彼岸に咲くヒガンバナ


最近はあまり都会では見なくなりましたが、少し郊外にでれば堤防や池のそば で9月ごろに見つけることができます。
写真も、鎌倉の路地を少し入った小川付近で撮影したもので、赤があざやかです が毒草で誤って食べると吐き気、下痢をおこすそうです。

普通は花の内側にある雄しべと雌しべがなぜか外側に長く突き出てそり返り、 葉よりも先に花が咲く変わり者。
別名のマンジュシャゲは仏教の曼殊沙華の字をあてたもので、まさにお彼岸に 咲く花にふさわしい季節の花です。
もどる