今月の雑草「酔芙蓉(スイフヨウ)」



アオイ科の多年草で落葉低木。広辞苑では東アジア暖地の原産で九州・沖縄に自生とありますが温暖化のせいか 最近は関東でもよく道端で見うけられます。高さ1〜2メートルで夏から秋に淡紅または白色の大形の一日花を咲か せます。観賞用で園芸店でも売られています。樹皮は製紙に用いるそうです。 左の写真は10月に西鎌倉4丁目住宅地の電信柱の脇に生えていた高さ2メートルほどのスイフヨウ。 スイフヨウはその名の通り色がつぼみのときと枯れるときで違うものですが、つぼみが白でやがてピンクになる ものと、つぼみがピンクでやがて白くなるものの2種類あるようです。撮影した下記のものは白からピンクに変 わっていますが、鎌倉極楽寺境内のスイフヨウはピンクから白に変わるものでした。

スイフヨウの色変わりの様子(3日間かけて同じ花を撮影)

通常は朝白くて夕方ピンクになると言われていますが、これは例外でしょうか。
上の写真は早朝と夕方の3日間、次第にピンクに染まっていく様子を撮影したものです。
10/12 06:52 →10/12 16:51
10/13 06:38 →10/13 16:30
10/14 06:50 →10/14 16:42


*****これまでに掲載した雑草*****
1月 野生化したスイセン
1月 丈夫でながもちヨモギ
2月 春一番の花オオイヌノフグリ
3月 春の七草?ホトケノザ
4月 これぞ七草ナズナ
4月 食べられないイヌ麦
5月 まっすぐに咲くネジバナ
5月 クスリになるドクダミ
6月 道端に咲くミニパンジー
6月 梅雨にピッタリのツユクサ
7月 石垣から芽を出したヒメジョオン
7月 石垣に咲くベゴニア
7月 ミニスミレ?トキワハゼ
8月 真夏の雑草ヒメムカシヨモギ
8月 真夏の象徴おしろい花
8月 インコの羽?パロットフェザー
9月 お彼岸に咲くヒガンバナ
9月 雑草の王者エノコロクサ
10月 時間とともに変化するスイフヨウ
10月 秋の雑草といえばススキ
10月 ブタクサとちゃうセイタカアワダチソウ
11月 奇妙な名前の可憐な花アキノウナギツカミ
11月 赤い米粒をつけたイヌタデ
12月 光を求めるシダ
12月 名称不明?ヒメツルソバ


もどる